新規登録

抗マラリア薬がコロナ治療に有望

メフロキン

2021年07月14日 11:00

抗マラリア薬がコロナ治療に有望

 新型コロナイウルス感染症(COVID-19)が世界中で猛威を振るい続ける中、治療薬の開発は喫緊の課題である。東京理科大学大学院理工学研究科応用生物科学専攻の塩野谷果歩氏らは7月1日に、抗マラリア薬メフロキンがCOVID-19治療薬候補として有望であるとの研究結果を同大学公式サイトで報告した。詳細は、Front Microbiol2021; 12: 651403)に発表されている。

◎この記事のポイント

  • 承認薬27剤をスクリーニング
  • ヒドロキシクロロキンより高い抗ウイルス作用
  • ウイルス排除は6.1日短縮と推定

Pharma Tribuneに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

【重要なお知らせ】Medical Tribuneウェブとの統合のお知らせ

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る