新規登録

若年のコロナ、自宅療養例でも半数程度に後遺症

ノルウェー・軽症~中等症247例の追跡結果

2021年07月16日 11:00

若年のコロナ、自宅療養例でも半数程度に後遺症

 重症の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)入院患者の多くで長期にわたり症状が持続することが知られているが、自宅療養となった軽症~中等症の若年例も例外ではないことが示された。ノルウェー・University of Bergen/Haukeland University HospitalのBjørn Blomberg氏らは、同国で軽症~中等症COVID-19を発症し自宅療養となった247例を前向きに追跡。新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染から半年後も症状が持続していた患者は半数超に上り、16~30歳の若年者でも約5割がなんらかの症状を有していたとNat Med2021年6月23日オンライン版)に発表した。

◎この記事のポイント

  • 症状で最多は疲労感30%、集中力低下や記憶障害も
  • 学生の学習の進行妨げる恐れも

Pharma Tribuneに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

【重要なお知らせ】Medical Tribuneウェブとの統合のお知らせ

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る