新規登録
適量飲酒でもがんリスク

 飲酒はさまざまながんの発症と関連する。フランス・International Agency for Research on CancerのHarriet Rumgay氏らは、2020年の飲酒に起因する新規発症がん症例数を推計。その結果、2020年に全世界で新たに発症したがんの4.1%が飲酒に起因するものであり、そのうちの7分の1は適量範囲内の飲酒にもかかわらずがんを発症していたと、Lancet Oncol2021年7月13日オンライン版)に発表した。

◎この記事のポイント

  • 飲酒に起因するがんは74万例超、男性が4分の3
  • 最多は食道がんの19万例弱
  • 適量群の飲酒に起因するがん発症は10万3,000例超

Pharma Tribuneに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

【重要なお知らせ】Medical Tribuneウェブとの統合のお知らせ

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る