新規登録

認知症関連精神疾患に新規治療薬が有効

5-HT2Aアンタゴニスト/逆アゴニストのpimavanserin

2021年08月11日 11:00

認知症関連精神疾患に新規治療薬が有効

 従来の抗精神病薬とは異なりドパミンD2受容体には作用せず、セロトニン5-HT2A受容体に対するインバースアゴニスト(逆アゴニスト)作用およびアンタゴニスト(拮抗作用)を有するpimavanserinが、幻覚や妄想といった症状を呈する認知症関連精神疾患の再発リスクを低下させることが示された。米・University of Arizona College of MedicineのPierre N. Tariot氏らが、第Ⅲ相二重盲検プラセボ対照ランダム化治療中止試験HARMONYの結果をN Engl J Med2021; 385: 309-319)に発表した。なお、同試験は中間解析で有効性が確認され早期中止となった。

◎この記事のポイント

  • 中止例に比べ継続例で再発リスク低下
  • 重篤な有害事象はプラセボと差なし

Pharma Tribuneに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

【重要なお知らせ】Medical Tribuneウェブとの統合のお知らせ

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る