新規登録

スタチンでTNBCのOSが30%改善

2021年08月20日 11:00

スタチンでTNBCのOSが30%改善

 スタチン療法と乳がん患者の予後との関連については、これまで数多くの研究で検討されてきたものの、結果は一貫していなかった。そうした中、米・University of Texas MD Anderson Cancer CenterのKevin T. Nead氏らは、米国のステージⅠ~Ⅲの乳がん患者を対象にスタチン療法と予後との関連について検討。解析対象のうちトリプルネガティブ乳がん(TNBC)患者では、乳がん診断後12カ月以内にスタチン療法が開始された例において乳がん特異的生存(BCSS)が58%、全生存(OS)は30%、いずれも有意に改善していたとする結果をCancer2021年8月3日オンライン版)に発表した。

◎この記事のポイント

  • 中央値で3.3~4.4年追跡
  • 非TNBC患者では関連認められず

Pharma Tribuneに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

【重要なお知らせ】Medical Tribuneウェブとの統合のお知らせ

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る