新規登録

ギラン・バレー、トジナメランで再発せず

イスラエルの後ろ向きコホート研究

2021年09月09日 11:00

ギラン・バレー、トジナメランで再発せず

 ギラン・バレー症候群(GBS)は感冒などの先行感染後に筋力低下、四肢麻痺を呈する神経疾患だが、米食品医薬品局(FDA)がジョンソン・エンド・ジョンソン製新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)ワクチン接種後の発症リスク上昇を指摘するなど(関連記事「J&J製、特定の層でギラン・バレー、TTS」)、同ワクチンとの関係性が懸念されている。イスラエル・Maccabi Healthcare Services(MHS)のShirley Shapiro Ben David氏らは、ファイザー製メッセンジャーRNA(mRNA)ワクチン(トジナメラン)接種者におけるGBSの再発率を検討。再発リスクの上昇は認められなかったとJAMA Neurology2021年9月1日オンライン版)に報告した。(関連記事「ギラン・バレー症候群、新薬開発に前進」

◎この記事のポイント

  • 接種者579人中、再発は1例のみ

Pharma Tribuneに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

【重要なお知らせ】Medical Tribuneウェブとの統合のお知らせ

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る