新規登録

薬剤添加リンパ球刺激試験(DLST: drug-induced lymphocyte stimulation test)

やくざいてんかりんぱきゅうしげきしけん

  • 2017年02月09日公開

ある薬剤に感作されていると、薬剤添加により刺激されたリンパ球が増殖する。DLSTはこの機序を利用した検査で、被験者の末梢血中から単核細胞を分離し、in vitro で様々な濃度で被疑薬を添加して増殖したリンパ球を、DNA合成の増加量で評価する。

最新の薬剤・医療ニュース

トップに戻る