新規登録

ウェスタンブロッティング

うえすたんぶろってぃんぐ

  • 2017年02月10日公開

電気泳動によって分離したタンパク質を膜に転写し,目的となるタンパク質に対する抗体でそのタンパク質を検出する。
単にタンパク質を検出するだけでなく,適切な抗体を用いれば,そのタンパク質がどのような分子修飾を受けているかなどが検出できる。
さらに免疫沈降法という分離・精製手法により,目的のタンパク質がどのようなタンパク質と結合しているかも調べることができる。各種の感染症の臨床検査でも広く応用されている。

最新の薬剤・医療ニュース

トップに戻る