新規登録

ELISA

いらいざ

  • 2017年02月10日公開

酵素で標識した抗体や抗原を固相に吸着させた後に,発色あるいは発光試薬を添加して識別する。
生体試料中には,種々雑多なタンパク質が存在するが,特定のタンパク質を検出・定量するために用いられる。安価で簡便であるため,微量タンパク質や病原体抗原の検出・定量に広く用いられている。

最新の薬剤・医療ニュース

トップに戻る