新規登録

API2-MALT 染色体転座

えーぴーあい-2まると せんしょくたいてんざ

  • 2017年02月10日公開

胃 MALT リンパ腫は,胃にできた粘膜関連リンパ組織(MALT)の周辺部から発生する B 細胞性リンパ腫(悪性リンパ腫)。リンパ腫の中では比較的悪性度は低いが,従来の抗癌剤が奏功しない。MALT リンパ腫に高頻度に見られる染色体異常として 11番染色体,18 番染色体間の転座,t(11;18)(q21,q21)が知られており,この転座による融合遺伝子として API2-MALT1が発現することも明らかになっている。API2-MALT1が発現している胃 MALT リンパ腫は除菌に抵抗性であることが判明した。

最新の薬剤・医療ニュース

トップに戻る