新規登録

気腫性病変

きしゅせいびょうへん

  • 2017年04月10日公開

肺胞がつぶれて弾力がなくなり空気が吐き出されなくなる状態を肺気腫という。気腫性病変はCT画像で明瞭な壁を持たない低吸収領域(空洞なのでX線の吸収量が少なく、黒く映る)として認められ、正常肺と区別することができる。

最新の薬剤・医療ニュース

トップに戻る