新規登録

ジグリング(jiggling)

じぐりんぐ

  • 2017年10月30日公開

ジグリングは貧乏ゆすりに似た運動で、変形性股関節症の保存療法として行われる。1970年代にSalterらがCPM(Continuous Passive Motion:持続的他動運動)の概念を提唱し、CPMにより軟骨再生が認められたことを報告した。ジグリングはCPMの代替法として取り入れられ、医療現場では自動ジグリング器も用いられている。ジグリングの効果として、変形性股関節症患者における関節裂隙の開大、軟骨再生などが報告されているが、エビデンスは少ない。そのため、現在、国内多施設共同研究の準備が進められている。

最新の薬剤・医療ニュース

トップに戻る