新規登録

WHO必須医薬品リスト

だぶりゅえいちおうひっすいやくひんりすと

  • 2017年10月30日公開

 必須医薬品とは「大多数の人が健康を保つために必要不可欠で、いかなるときでも必要とする人に適切な供給量・投与形態で、誰もがアクセスできる価格で提供されるべきもの」と定義される。1970年代、発展途上国において感染症などの疾患に対し安全で有効な医薬品を必要とする人々が入手できなかったことから、1975年の世界保健機関(WHO)総会でこのコンセプトが決議された。リストは1977年に初版が発表されて以来2年ごとに専門家委員会によって更新され、今回で第20版となる。同リストは医療援助などの指標にもなっている。

最新の薬剤・医療ニュース

トップに戻る